朋友会
  • 会員情報変更
  • お問い合せ
ホーム  >  楽しむ  >  会員のひろば  >  【紹介】 43期 高野利実さん

【紹介】 43期 高野利実さん


43期 高野利実(たかの としみ)さん

腫瘍内科医

takano.png

・プロフィール 

1998年 東京大学医学部卒業

2002年 国立がんセンター中央病院レジデント

2005年 東京共済病院腫瘍内科

2008年 帝京大学病院腫瘍内科講師 

2010年 虎の門病院臨床腫瘍科部長

2020年 がん研有明病院乳腺内科部長

現在、読売新聞医療サイト「ヨミドクター」でコラム連載中

Dr.高野の「腫瘍内科医になんでも聞いてみよう」

https://yomidr.yomiuri.co.jp/column/takano-toshimi/

多感な高校時代、医師を志す中で、「死を内在する人間に対して医療にできることは何か」を考え始め、大学時代には、横須賀高校の大先輩である当時国立がんセンター総長の阿部薫先生(高校4期)から、「腫瘍内科」の道を示され、以来、腫瘍内科医として、道なき道を歩んできました。単に死を避けるだけではない、人間の幸せを目指す真の医療を模索しています。

これまで、3つの病院で腫瘍内科を立ち上げ、虎の門病院では、多くの仲間に恵まれて、「日本一の腫瘍内科」を創ることができました。20204月からは、がん専門病院であるがん研有明病院の乳腺内科に赴任し、「世界一の乳腺腫瘍内科」を目指して、臨床、研究、教育、情報発信等において、様々な新しい取り組みをしています。

私のモットーは、「人間の人間による人間のための医療(Human-Based Medicine; HBM)」で、一人ひとりが、自分らしく生きることができて、日々、しみじみと幸せを感じられるような、そんな医療を目指しています。

世界は今、新型コロナウイルスのために、「病気→不安→差別→病気の蔓延」という負のスパイラルに陥っていますが、私たちは、これを、「病気との共存→心の余裕→思いやり→病気との共存」という正のスパイラルに変えていく必要があります。がん研有明病院もコロナ患者を受け入れ、今、私はコロナ病棟に配属されていますが、コロナがあっても、がんがあっても、誰もが「自分らしく」生きられる社会を夢見て診療に当たっています。



ページの上に戻る