朋友会
  • 会員情報変更
  • お問い合せ
ホーム  >  知る  >   朋友会の活動

朋友会の活動


大学生や現役で働く社会人にも親しみやすく、どこにいても参加しやすい朋友会

kaicho.jpg

 いつも朋友会活動にご理解・ご協力をいただき、誠にありがとうございます。2017 年度より会長を務めさせていただいております、34 期の大竹英恵と申します。 会長として2期目に入り、以下の課題に向けて取り組んでいます。

①卒業生ネットワークの拡大
②朋友会の維持・発展と在校生・学校への支援を拡大するための運営安定化

 残念ながら、2019 年度には会費納入額が激減する結果となりました。さらに、2020 年度、3年間の活動を見直すことになりました。コロナ禍により朋友会の活動もリアルな場を持つことが難しくなりました。そこで、今年度はオンラインでの活動を推進、合わせて経費削減に努め、運営の安定化に邁進してまいります。
 まずは、会員の皆様に朋友会の活動をより知っていただくために、今後ホームページなどで活動の紹介や役員会報告を掲載してまいります。朋友会を身近に感じていただき、活動に参加していただければ幸いです。

Facebook【公式・会員限定】朋友会(神奈川県立横須賀高校同窓会)への登録の推進
 朋友会は 2020 年度より、予算の都合上、会報「朋友」を全会員に送ることを中止せざるを得なくなりました。現在、ホームページに会報「朋友」を掲載しています。今まで会員との連絡手段となっていた「郵送」が出来なくなったことをきっかけに、会費を納入していた だいた方にメールアドレスの登録をお願いし、お知らせを配信できるよう準備しています。
 そして、会員以外の方にも情報発信している公開のフェイスブックに加えて、10 月より、新しい通信手段として会員限定フェイスブックを設け、会員の皆様の登録をお願いしています。
 限定フェイスブックでは、朋友会からの情報発信に加え、会員の自己紹介、近況等の情報の掲載をしていただくなど、会員からの情報発信なども期待しております。未加入の方へのご紹介をよろしくお願いします。

●オンラインでの新しい形式
 朋友会では役員会、常任幹事会、そして総会をオンラインにて開催しております。7 月には各期代表会もオンラインにて行いました。国内外どこにいても参加できるようになりました。

●就活生の応援のために
 コロナ禍にあり就活事情も大きく変わりました。そんな新たな局面で就活をしている学生を応援するためのオンラインによる就職支援を始めました。学生への周知をはじめ、アドバイスをいただける会員の登録も道半ばです。協力可能な方は是非ご連絡ください。

●母校支援のために
 ご存知の通り、校舎は 50 年以上経過し設備が劣化しております。県の支援だけでは必要な修繕や設備の購入が難しいため、2018年にセミナーのボイラーの取替(184 万円)、毎年 赤本、無料のコピー機設置(40 万円程度)など学校の要望に合わせて支援をしております。しかし、会費納入の減少により支援額を絞らざるを得ない状況です。何卒ご協力をお願いいたします。

 これらの活動は、会員の皆様による会費や寄付に支えられています。支援充実のために、 会員の皆様から寄付をお願いするための口座を新たに設けました。また学校の要望に合わせてクラウドファンディング等を活用することも検討しております。朋友会活動の強化のために、ご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

 末筆になりますが、新型コロナの終息を願い、会員の皆様のご健勝とさらなるご発展を心からお祈りいたします。


会則

活動方針・役員

ページの上に戻る